ライフライン研究会がケーブルフェスタ2015での展示に技術協力


10月2日から4日の3日間、名古屋地区でケーブルフェスタ2015が開催され、 CATV事業者の知多メディアスネットワーク株式会社さまが企画・コンテンツ提供を 行っている展示において、ライフライン研究会がIPDC部分で技術協力いたしました。(※この展示は10月2日(金)のみ行われたものです。)

本展示は「IPDCを活用した地域情報配信」と題して、IPDC経由で送っているさまざまなコンテンツを、データ放送のリモコン操作で、 コンテンツを選択して画面上に表示する方式を実現したものです。



当日は主にCATV局の方(役員クラスの方からご担当者の方まで)にデモをご覧いただき、大変多くの方に今回の展示にご興味を持っていただくことが出来ました。
今回の展示のデモでは静止画を活用した情報提供デモを行いましたが、動画での情報提供もやってみたい、という声が多くいただけたとのことです。