IPDCフォーラム勉強会を開催いたしました。


2016年2月12日(金)にTBSテレビさまにてIPDCフォーラム勉強会を開催いたしました。
2016年最初の勉強会では”2016年の大予測!今年の放送業界のトレンドは!?そして、2020年に向けた総務省のICT戦略について”と題して、 2名の有識者からご講演をいただきました。
※資料はご登壇者さまから許可のあったもののみ会員ページに掲載しております。





総務省情報通信国際戦略局 情報通信政策課 課長補佐 飯村由香理さま
まずはじめに、総務省情報通信政策課の飯村課長補佐から、”2020年社会全体のICT化の推進”
について、2020年の東京オリンピック開催での訪日外国人に向けたサービスについてお話を
伺いました。
写真右:飯村課長補佐



 

説明:IPDCフォーラム顧問 / 一般社団法人 情報通信振興会理事長 竹田義行さま 字幕変換デモ:株式会社ピクセラ 営業本部 栗原良和さま / 同 第一営業部 神尾直志さま
続いて、昨年1月よりエリア放送開発委員会さまと合同で検討を進めているエリア放送
高度化検討において、そのサービスの1つとして、4Kエリア放送の可能性について昨年
12月より竹田顧問をはじめ、エリア放送開発委員会とIPDCフォーラム技術委員会の
メンバーで検討を開始いたしました。

それについて竹田顧問より概要のご説明と、関連したデモとして、株式会社ピクセラさまの
”字幕変換デモ”をご披露いただきました。
左写真上:竹田顧問、左写真下(株)ピクセラ栗原さま


日本大学生産工学部 講師 / 映像新聞 論説委員 杉沼浩司さま
最後は、昨年もCESのご報告をいただいた杉沼さまから、”CES2016報告~家電は、つな
がらなければ生きていけない.賢くなければ家電である資格はない〜”について1時間
たっぷりお話をいただきました。
今年は家電が中心に展示が行われていたこともあり、昨今の放送事情も交えつつ、主に
国外でのIoT関連の動きについてお話をいただきました。
写真右:杉沼さま